読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらみそかもすぞ

まじめにふまじめ

補助輪無しで自転車に乗れるようになった23歳の記録

この世に生まれてから23年間,私は自転車に乗れませんでした.「え〜うそ〜!」みたいに思われるかもしれませんが,現実です.「勉強ができるやつとできんやつがおるやろ.じゃあ自転車に乗れんやつだっておるやろ?」を持ちネタにするような子供だったのです.

せっかくそんな子供が乗れるようになったので(!),自転車に乗れるようになりたいけどどうしたらいいんや,と悩める北九州近郊に住まう大人のために,乗れるようになるまでの記録を残しておきます.

そもそもなんで乗れないのか

  1. 子供の頃に補助輪付きの自転車に乗ってた
  2. ある程度乗りまわせるようになったので補助輪をとられた
  3. さあ練習しなさいといってもなかなかうまく乗れない現実
  4. 乗り方を教えてくれる人もいない
  5. 乗れる必要性も感じられないと簡単にあきらめる
  6. 今に至る

なんで乗りたくなったのか

弱虫ペダルという自転車競技漫画を読んで,私も風を切って走りたい! と思ったのが理由です.なんて影響をうけやすいんでしょうか.ただまあ,乗れなくてもいいんだい,といじけていた自分から変われたのでよしとします.

自転車は?練習場所は?

自転車に乗れるようになるには練習しなきゃいけません.といっても自転車に乗れない人が自転車を持っているわけもなく……乗れるようになるかも分からないのに,買ってしまうのはなんだか気が引けます.どうしたものかと困ったわけですが,世の中には自転車のレンタルサービスというものがあるのです.気になった人は調べてみてください.

さて,北九州にもいくつかサービスがあるみたいですが,私は響灘緑地/グリーンパーク内のサイクリングターミナルを選びました.

サイクリングターミナルでは自転車を格安でレンタルできちゃうのです.大人は2時間200円.

また,自転車に乗れない人用の練習場(もちろん小さな子供たちばかり……)とサイクリングコース(こっちは親子連れが多い)が用意されています.練習場で乗れるようになったら,サイクリングコースですぐにサイクリングが楽しめちゃいます.

そうそう,自転車をレンタルする際,従業員のおじちゃんやおばちゃんに,私は自転車に乗れない宣言をきちんとしておきましょう.これを伝えておくと,自転車はどれを選べばいいのか,どうやって練習すればいいのかなど相談しやすいですし,何より気にかけてもらえるのです.

乗れないから乗れるへ

さて,自転車を確保できました.これであとは練習あるのみです.タイヤで囲まれた練習場にはちびっ子しかいなくて泣きたくなりますが,へこんでいる場合ではありません.彼らは自転車を乗れるようになろうとする同志なのです.公園で自転車をぶいぶい乗りこなしている子たちとは大違いなのです.

ということで,とりあえずペダルを踏んで頑張るんですが当然乗りこなせません.そこへ従業員のおじちゃんが現れて,衝撃発言をするのです.「はじめからペダルをこぐんじゃない!」な,なんだって〜! そしておじちゃんは私に練習メニューを残していきました.

  1. バランス感覚を鍛える練習 まず,ペダルのことを忘れましょう.両足で地面を蹴り,ハンドルをきってバランスをとる練習です.地面を蹴ったあと,ふらついて片足をつきたくなると思います.その方向へハンドルをきるのです.壁を乗り越えるまでは逆の方向へ切りたくなる衝動が凄いんですが,それを振りきればもう大丈夫.あとはスピードを付けて,片足をつかずに4m進めるようになるまで頑張ります.
  2. スタートの練習 バランス感覚の次はスタートの練習です.いよいよペダルを踏むのです.自転車にまたがって,スタートのセッティングから始めましょう.ペダルの位置を確認するのです.例えば左足からこぎたい時は,左のペダルの位置を高くします.ぐっと踏み込める位置にするのです.で,同時に,左足でペダルをこぐ+右足で地面を蹴る! スタートしたらあとはこぐだけ.バランスの練習ができているので,そんなに苦もなくなんとか乗れるところまでこぎつけることができますよ.

この練習メニューを達成した時,ふらふらではありますが,自転車に乗れると言えるくらいにはなるのです! おじちゃんの教えの賜物です.何より問題の分割はどの分野でも大切なんだなあとしみじみ思ったり…….

サイクリングデビュー!

ここまでくれば,練習場を卒業して,晴れてサイクリングデビューです.タイヤと道路とちびっ子しかいなかった世界から,人間・坂・信号・車と危険がいっぱいな世界に飛び出します.交通ルールやマナーをしっかり勉強しておかないと大変なことになりそうです.「スピードを抑えて気をつけて行ってきななさい」とおじちゃんに激励の言葉をもらい全長約7kmの頓田貯水池1週コースへ出発です.

前半は平坦,後半が山なコース.ということで前半は興奮気味に,後半はひいひい言いながら(立ちこぎなる技術はまだない)なんとか1週こなすことができました.運動音痴な私としてはこれは結構な達成感でした.自転車って凄いんだなあ.

これからの野望

将来的にはママチャリじゃないカッコイイ自転車に乗りたいところ.ということでサイクリングターミナルに通ってママチャリでぶいぶいできるくらいに経験値を積もうと思います.

そのための次回の目標

  • 立ちこぎできるようになる

最後に,従業員おじちゃん,ご指導ありがとうございました! これからも練習に通うのでよろしくお願いします.